読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コガラだけど勝(まさる)

暴飲暴食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、加齢というような複数の誘因が揃うと、インスリン分泌が鈍化したり、機能が落ちたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病ICD-10:E11)に罹患します。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管の中の空間が狭まってしまって、血液の流れが止まり、栄養や酸素が心筋に送られず、ほとんどの筋細胞が死ぬという怖い病気です。
男性にしかない前立腺は生育や活動に雄性ホルモンが非常に大きく関わっており、前立腺に発現してしまったガンも同様、アンドロゲンの力で大きく成長してしまいます。
チェルノブイリ原発の事故に関する数十年に及ぶ追跡調査の結果において、体の大きな成人に比べて未成年のほうが飛散した放射能の深刻な影響をより受けやすくなっていることが見て取れます。
食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力の強烈な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒素の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つに分けることができます。
学校のカイダン 無料視聴
近年患者数が増加している花粉症とは、森の杉やヒノキ、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉が元凶となり、クシャミ・頭重感・鼻詰まり・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を起こしてしまう病気として日本人に定着しています。
吐血と喀血、2つとも血を吐くことに変わりはありませんが、喀血の方は喉から肺へと至る気道から血が出る症状で、吐血というのは無腸間膜小腸よりも上部にある消化管から出血する症状を示しているのです。
老化による耳の遠さではゆっくりと聴力が落ちていくものの、大体は還暦を過ぎないと耳の衰退をあまり自認できません。
好気性桿菌の結核菌は、感染した人が「せき」をすることによって室内に散布され、空中でフワフワ飛んでいるのを違う誰かが呼吸の際に吸い込むことにより拡がっていきます。
ハーバード・メディカルスクールの調べによると、普通のコーヒーと比較して1日2杯よりも多くカフェインの取り除かれたコーヒーに変えると、驚くことに直腸ガン発病リスクを半分以上も減少させたという。
耳鳴りの種類には当事者しか感じないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように当事者に加えて他の人にも高品質なマイクロホンを使用したりすると聞けるという部類の「他覚的耳鳴り」とがあるのです。
「時間に追われているように忙しい」「面倒くさいお付き合いが嫌い」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションのめざましい高度化に付いていくことで精一杯」など、ストレスを感じてしまう元凶は人によって違うようです。
胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科処置では大半の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」と「冠動脈大動脈バイパス手術」という二つの異なる手術の方法が精力的におこなわれています。
現在のオペ室には、御手洗いや器械室(apparatus room )、準備室を設けさせ、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を設置するか、近辺にX線用の専門室を併設しておくのが通例である。
ばい菌やウィルスなどの病気を誘引する微生物、即ち病原体が肺へ進入し感染した結果、左右いずれかの肺が炎症反応を呈示したことを「肺炎」と総称しています。